≪ 工事状況報告 ≫

 

3/9(木)無事に軽量盛土の打設が完了しました。

当初予定より約1週間早く終えることが出来ました。

私の祈りが通じたのか、2/11以降は悪天候による中止日が1日もありません。本当に奇跡です。

あとは、軽量盛土の天端に遮水シートを張って、3/28の完成検査を迎えることとなりそうです。

 

打設完了した軽量盛土

 

 

山田宮古道路の工事状況のお知らせ vol.54平成29年2月27日現在

 

 

広告

≪ 祝5,000㎥到達 ≫

 

今年1/19に開始した軽量盛土の打設も、2/21ようやく5,000m3に到達しました。

(小学校の標準的なプールの約10杯分に相当します)

期間前半は雪や雨の影響で中止の日もありましたが、2月に入り天候にも恵まれここまで来ました。

写真を見ても工事が進んでいることがよくわかります。

 

DCIM100MEDIADJI_0016.JPG
1/18の現場状況(打設開始前日です)
2/21の現場状況(5000m3到達です)
2/21の現場状況(5000m3到達です)

 

一見、コンクリートを流し込んでいるかのように見えますが、今回の軽量盛土(FCB)はセメントと水そして特殊な気泡剤を混ぜたもので、なんと全体の64%が空気なんです。

だから一般的なコンクリートの約1/4の重さで、比重が0.56g/cm3しかありません。

ちなみに水の比重は1.00g/cm3だから水より軽いため水に浮くんですよ。

 

写真ではもうわずかのように見えますが、まだまだ後3,000m3程残っていて、油断できません。

あと工期も1ヶ月ちょっととなりました。最後まで、安全に頑張っていきます。

 

 

 

≪ 工事状況報告 ≫

 

年明けより本格的な軽量盛土工事に着手し、19日に初打設を迎えました。

本来であればもう少し早く打設開始したかったのですが、南岸低気圧の影響で積雪がひどく、3日遅れでのスタートです。

軽量盛土施工箇所は、防水シートを設置しているため、重機での雪かきが出来ずすべて人力。

まさか、クレーンでの除雪となろうとは・・・。参りました。

しかし、なんとか軌道に乗ってきました。

3/15の打設完了に向け、『もう降りませんように』と祈るばかりです。

 

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

 

話は変わりますが、1/11 監督官からの応援要請もあり、急きょ蔵澄が献血(400cc)応援。

他工事の所長さんから『もう一本どうや?』なんて声をかけられたそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

1月末現在の田名部地区の現場状況です。

DCIM100MEDIADJI_0005.JPG DCIM100MEDIADJI_0002.JPG

 

 

山田宮古道路の工事状況のお知らせ vol.53平成29年1月28日現在

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a5%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a6

 

 

 

≪ 仕事納め ≫

 

今日12/28は現場の仕事納めです。

朝から現場内の片付けや、休み中に物が飛ばないよう養生し、出入口を閉鎖しています。

私はちょっと現場を離れ、宮古市社会福祉協議会を訪ね、金浜現場事務所に設置した自動販売機の売り上げの一部を、寄付してきました。

わずかな金額ではありますが、地域の福祉活動に役立てばと思っています。

Exif_JPEG_PICTURE  %e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a3

 

 

金浜地区での工事中は、多くのダンプトラックが生活道路を行き来することから、地域の皆様へ工事の状況報告を兼ねて、ビラを配布していました。

直接手渡しすることでいろんなコミュニケーションを図ることができ、工事も順調に推移しました。

本当にありがとうございました。今回はその最終号を紹介します。

 

現場独自の広報(ビラ)最終号

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4 %e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a5

 

 

次は恒例の

山田宮古道路の工事状況のお知らせ vol.52平成28年12月26日現在

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a6

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a7

 

 

 

 

≪ 現場事務所移転 ≫

 

今年2月に着工した本工事は、当初契約していた金浜地区の本線部分の部分使用検査も終え、12/1をもって舗装工事へとバトンタッチすることが出来ました。

追加となった田名部地区での工事も始まり、もともとあった金浜の事務所からでは、現場までが遠く不便なため、11月末をもって山田町豊間根のほうに事務所を移転しました。

電気・電話設備も整い業務に支障ないまでになりましたが、水道が引けなかったのがちょっと残念です。

 

 

DCIM100MEDIADJI_0014.JPG
金浜地区 山田側より宮古方面を望む

 

DCIM100MEDIADJI_0012.JPG
金浜地区 宮古側より山田方面を望む

 

馬越地区
馬越地区

 

田名部地区
田名部地区

 

 

山田宮古道路の工事状況のお知らせ vol.51平成28年11月28日現在

本号から当社⑨の施工位置が田名部に変わりました。

%e2%91%a4 %e2%91%a5

 

 

 

≪ 工事状況報告 ≫

9月末、『さあ終盤戦』と題打ちブログをアップしましたが、それから1ヶ月で大きく状況が変わりました。

なんと追加工事の発生です。

しかも現在の施工箇所より10km程南に位置しており、同じ三陸沿岸道(山田宮古道路)の工事ですが、これまでの土工事とは大きく違います。

田名部川橋A2橋台背面の土圧低減を目的とした軽量盛土工(FCB工法)の工事です。

工期も、平成29年3月まで延伸の見込みです。

 

 

DCIM100MEDIADJI_0008.JPG
山田側より宮古方面を望む

 

DCIM100MEDIADJI_0004.JPG
宮古側より山田方面を望む

 

馬越地区での擁壁工施工中
馬越地区での擁壁工施工中

 

 

追加になった田名部地区の状況です。11/7より本工事開始予定です。

DCIM100MEDIADJI_0012.JPG
田名部地区

 

山田宮古道路の工事状況のお知らせ vol.50平成28年10月28日現在

%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a4 %e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a5

 

 

 

 

≪ けんせつ小町 ≫

10月12日、現場に『けんせつ小町』がやってきました。

『けんせつ小町』とは、建設業で活躍する女性技術者・技能者の愛称で、今回は、佐賀本店内にある安全環境管理室や技術部のメンバーで構成されたチーム「flower+」が、女性目線でのパトロールにやってきました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

まずは、工事の概要や当日の作業内容を説明。

Exif_JPEG_PICTURE

 

現場でのパトロール。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

最後に報告書を作成

Exif_JPEG_PICTURE

 

今回は定期に行われる安全パトロールとは違い、特に環境面をチェックしてもらいました。指摘を受けた分については、今後改善していきます。

また、日頃は違う部署に所属する社員同士で、初めて会うメンバーもいたようですが、いい意見交換の場にもなり、有意義なパトロールだったと思います。